カンボジア起きた地雷爆発事件、プレアヴィヒア州2022年1月10日 3名死亡/1名重傷

スポンサーリンク

プレアヴィヒア州で起きた地雷爆発事件により、シェムリアップ州のカンボジア地雷・不発弾除去組織の3人の地雷除去専門家が死亡しました。
アキラ氏の組織として知られているカンボジアの地雷除去者のチームメンバーがプレアヴィヒア州チョアムクサン地区のモロコットコミューンのセンデチェック村で地雷爆発し、死亡しました。事件は2022年1月10日の朝で、地雷処理作業中地雷が爆発し、その場で3名死亡したと確認され、1名が怪我をしました。  

f:id:luckysan:20220112114530j:plain

この事件に対し、カンボジア地雷対策センター(CMAC)の長官であるHeng Ratana氏によると、国と他の人々の安全のために長年命を賭けた3人の勇敢な英雄と呼ばれています。
「地雷除去作業は予測不可能であり、すべてが数秒で変化し、命を失い、障害を負い、愛する人を失う可能性があります。彼らの命は、カンボジアでの数十年にわたる戦争の結果です」と彼は語った。

f:id:luckysan:20220112113441j:plain

 なお、地雷除去の死亡した者は
1Sun Vong
2Masimet、
3MonChak
他の1人の重傷者がシェムリアップ州立病院で入院し、治療を受けています。

 

f:id:luckysan:20220112120406p:plain

アキラ氏は爆発の原因を説明しました:「仕掛けた地雷であるムンビーの地域で起こりました、地雷除去者は穴を掘って破壊しようとした瞬間、爆発しました」アキラ氏は、彼のチームは毎年チョアムクサン地区で地雷除去し、この作業は25日間続くと付け加えた。彼の組織が2008年に地雷除去作業を開始して以来、これは最初の致命的な事件であると彼は述べた。

新着記事 New Post Image Slideshow
Footer TOP